うちの彼氏は脳腫瘍15

脳腫瘍奮闘記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳腫瘍奮闘記の目次はこちらから(^^)
※↓の画像をクリックしても飛びます♪



↑の続きです。

それからの私・圭は非常にバタバタした。

なぜなら、「どーせ家族以外は同席できないっしょ ゚~ヽ( ̄Д ̄*)」と高を括っていたのと、検査などの日程はどうしても病院の検査の空きなどが優先されるので、
受診日と私の休みが合わない。
( ̄^ ̄)

もともとシフト制の仕事で土日休みではないので、平日の受診なのは問題なかったのだけど、見事に2週間後の受診予定日が出勤日と重なっていたので、せっかく病院が

三谷医師
三谷医師

同伴オッケー👌

って言ってくれたのに、

私

予定が合わないよう(´;ω;`)

となってしまったのだ。

むぅ~ん……( ˘•ω•˘ ).。oஇ

アラヤちゃんやアラ母は、「都合が合わないなら無理しないでいいよ。」と言ってくれたのだけど、アラ菜ちゃんからの話を聞く限りだと、確かにアラ母の理解力だけだと不安なのも事実。
※アラ母ごめんなさい💦

1週間後のMRI検査だけの日は休みの日と被っていたので、送り迎えをしてあげられるんだけど、肝心なそのMRI検査の結果説明と今後についての受診に同席できないのはねぇ……(。•́︿•̀。)

 

そう、これこそ今後の私を悩ませ、そして結構ストレスとなることだったのだ。
ゲイだとカミングアウトしていないので、病院に付き添うために休みたいと言えない。

私は最悪自分の親の耳に入らなければ、ゲイだとバレても別にいっか、と思っているのだけれど、アンチLGBTの人が周りにいたとしたら、いらぬ摩擦を生むことになるので、基本的に自分がゲイであることは伏せている。
※親バレを避けている理由はこちらの記事をご覧下さい(^^;
また、「この人なら偏見ないだろうな。」という人もいたけど、その人にカミングアウトするということは、その人に気を遣わせることになるので、それも面倒だから誰にも言っていない。
(偏見がないだろう人には知られてもいいけど、他の人には知られたくないので「あなたには言ったけど、他の人には言わないでね(>人<)」になり、そうなると秘密を守らないといけない負担をその人に強いることになってしまうので、それはそれで嫌なのだ。)

面倒くさいよねー
(# ゚Д゚)凸ハァァン

いや、あのね。
別に誰も悪くない。
ゲイである私とアラヤちゃんも悪くないし、偏見を持っている人も別に悪くない。
偏見持っちゃうのはしゃーない土壌だからね、今までの日本はさ。
余計な摩擦を避けるためには、こちらがノンケのフリをしないといけないだけなんだから。

でもめんどくせぇもんは、

めんどくせぇ!

キィィ(ノ`Д´)ノ-----┻┻

一応、まがりなりにも私は責任者なので、「友人」の病院の付き添いのために率先してシフトに穴を空けることは出来ないし、休みを変えてもらうには、ちょっと無理があるシフト(代わってもらう人が異常な連勤になってしまう)だったこともあり、ますます難しかった。
仲の良い他の部署の人にお願いして、シフト変更に協力してもらうか?
でも、ただの「友人」のために「なんでそこまでシフトいじる必要があるん?(゚Д゚)?」となるだろうし……。

こんな時、組合員のみなさまはどうしてる???
※組合員=昭和のゲイの隠語で、ゲイのことw

私はというと……


きっと今後闘病は長期間になるだろうから、
上司に相談することにした。

※次回、上司に相談した結果を発表!
↓に続きます。

 

ブログ村に参加中!
↓をクリックしてくれると励みになります!
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログの更新通知は、
X(旧Twitter・IDはkeiizumichi)と、ディスコードの専用ページで告知しています。
Xをフォローしてもらうか、ディスコードの参加希望連絡をコンタクトフォームからしてくれれば、専用ページへの招待をさせて頂きます。
あと、インスタも細々とやってるので、フォローしてね♪
よろしくね~♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
私・圭も実際頼んで試したよ!
その時のレポートはこちら↓
Oisix頼んでみた!
スポンサーリンク
脳腫瘍奮闘記
筑森 圭をフォローする
日常のゲイ Gay Of Daily life
タイトルとURLをコピーしました